矯正歯科を選ぶポイントは?

一般の歯科医院よりも矯正専門の歯科医院

歯列矯正は歯科治療の中でも、特殊な技術を必要とします。矯正治療自体は歯科医師免許を持っていれば、誰でも行うことが出来ますが、安心して治療を受けるには、技術の高い歯科医院で矯正治療を受けることが必要です。
矯正治療を受けるには、歯科医院の中でも矯正歯科を行っている歯科医院を受診することが必要です。一般歯科や小児歯科、審美歯科など行っている歯科治療の中に矯正歯科が含まれていれば大丈夫です。
しかし、一般の歯科医院で矯正治療を行っていたとしても、その歯科医院でどれぐらの数の矯正治療が行われていたり、歯科医師の経験や技術の高さがあるのかと言うことが分かり難いです。その為、矯正歯科専門の歯科医院を受診するといった選択肢もあります。矯正治療に特化した歯科医院ですので、当然ながら多くの経験と高い技術を期待することが出来ます。

日本矯正歯科学会の資格保持者

日本には歯科医師免許取得者が10万人以上います。歯科医師免許を持っていれば矯正治療を行うことが可能ですので、理論上は10万人全員が矯正治療を行うことが可能です。ただし、矯正治療は歯科治療の中でも専門的な知識や技術を必要としますので、全ての歯科医師が高いレベルに有るとは限りません。
その為、日本矯正歯科学会では認定制度を採用しています。様々なハードルをクリアした歯科医師のみに資格が与えられますので、認定医の資格保持者は2,000人程度で、更に上の資格にあたる指導医は500人、専門医は300人ほどしか居りませんので、歯科医師10万人からするとかなり限られた歯科医師と言うことがいえます。
矯正治療には高い費用と長い期間が必要となりますので、出来るだけ高い技術力をもった歯科医師に診てもらいたいですが、その際には日本矯正歯科学会の資格を持っているか否かと言うことを判断基準にすることも大切です。