矯正する前に知っておくべきことって?

「歯のみだしなみ」~矯正ユーザーが増えている

笑顔からキラリと輝く白い歯、ステキですよね。服装や髪型といった以前から「身だしなみ」のチェックポイントとされてきた箇所にプラスして、近頃では「美しい歯」にも気を配る人が増えているようです。その一つが「矯正」、八重歯や出っ歯というのものはチャームポイントにもなり得ますが、一方で「若い内はいいけど、社会の中でも"きちんとしてる"と見られたい」と矯正歯科へ相談に訪れるニーズは増えています。施術方法も時代につれ進歩しており、かつての大げさな装具が必要なくなっている、あるいは個人の都合にフィットした装着方法を選べるケースも増えています。
最新の手法をあらかじめ知っておくことで、よく納得した上で自身にあった矯正に踏み切ることができます。

ライフスタイルに合わせたプランを選ぼう

歯並びの矯正には、古いイメージだと「ニッと笑うと横一文字に針金がキラリ」といった、ちょっと悪目立ちしてしまう印象がありました。ところが現代では「小型装具」「目立たない」といった治療法を提案する医院が多くなってきました。
まず超小型の金属チップを歯の「裏側」へと装着する方法、これですと表側の目に見える部分には一切治療のようすが現れないため、矯正をしているなんて他人には気づかれることがありません。チップの小型化はデジタル計測と加工技術のたまものであり、食事の際に舌がひっかかるといった動きの制限も最小限に止められます。
そして「マウスピース式」、こちらはボクサーの噛むような物~透明で目立たないマウスピースをふだん噛むことで矯正を試みます。食事をする際には取り外すことが可能で、ひっかかりを気にせず自由に気兼ねなく食事ができるといったメリットがあります。
これらは治療をうける人のライフスタイル等を考慮して、どんな方法で治療していくかが決められます。片方では効果が薄いと判断された場合はポイント的に「併用」して効果アップを図る場合もあります。